CW断熱は省エネ認定に積極的に対応

 2020年度の省エネ義務化もお任せください!

省エネ住宅ポイント対象住宅証明書

平成27年2月3日に平成26年度補正予算が成立しました。

これに伴い、CW断熱では省エネ住宅ポイント対象住宅証明書

発行サービスを開始しました。

省エネ住宅ポイントの申請には、この証明書を添付して頂ければ

簡単かつスムーズにポイントが発行されます。


対象:CW断熱の家全物件

     ①ある程度の窓性能があり、

      ②床暖房が入っておらず、

      ③オール電化またはエコジョースがはいっていれば、

      ほとんどの新築住宅で30万円分のポイントが発行されます。


 ポイントは即時交換もできますので、例えば

 「通常ならグラスウールを使用する物件を、

  CW断熱にグレードアップし、ポイント発行で増額分を相殺」

 といった方法をとることもできます。

 是非お客様にお勧めください。


 費用:1物件あたり18,000


 また、お客様にご案内しやすいように、

 省エネ住宅ポイントの見学会パネルも用意しています。

 CW断熱の施工店様への限定販売となっております。



住宅型式性能認定

CW断熱は、住宅型式性能認定を取得済みです。


長期優良住宅やフラット35S(金利Aプラン)などの条件となる省エネ4等級

2015年4月から性能表示制度が改定され、

その条件を満たし証明するためには、1棟1棟個別に、

複雑な外皮計算をしてUA値(外皮平均熱貫流率)やηA値(平均日射熱取得率)を

計算しなくてはいけません。


住宅型式性能認定は、簡単に言ってしまえば

 CW断熱の家(*1)なら4等級クリア!」

という便利な認定制度です。

1棟1棟個別に計算する必要がなく、

CW断熱の住宅型式性能認定証を添付するだけで

省エネ4等級を証明できます。

*注1 CW断熱の標準仕様(ウレタン厚さ壁30mm、天井45mm)の場合です。地域により断熱材厚さが変わることがあります。断熱材以外にも仕様の条件があります。



外皮計算書無料添付サービス

 断熱材以外の仕様が上記「住宅型式性能認定」の条件に当てはまらない場合は、

 CW断熱独自の外皮計算ソフトを仕様し、専任の一級建築士が11棟個別に

 外皮計算(UA値(外皮平均熱貫流率)、ηA値(平均日射熱取得率))を行います。

 

 CW断熱のご発注が確定している物件であれば、

お見積もりの際に省エネ4等級を満たす断熱材厚さを算出し

無駄のないコストで4等級をクリアできるようご提案します。



低炭素建築物適合証(認定低炭素住宅)

 CW断熱はハウスプラス社と提携し、低炭素建築物適合証の発行を45,000円(税別)で行っています。


 低炭素建築物として認定された建築物は、税制優遇金利優遇などの措置が受けられます。

 低炭素建築物の申請には、外皮計算に加え、一時エネルギー消費量の計算も必要です。

 CW断熱では、それらの計算および適合証の発行を無料でおこないます。



住宅省エネラベル(トップランナー基準)

標準またはそれ以上の仕様でCW断熱を施した物件に関して、

住宅事業建築主基準(トップランナー基準)に適合することを証明し、

適合証を発行することができます。


それにより、フラット35S(金利Aプラン)を適用できます。



省エネ対策のメリット

認定施工店様の声

お知らせ

2015/03/26

「設計施工基準第3条に関る確認について」を追加しました。

2015/03/01

「省エネ住宅ポイント」に関するお知らせを追加しました。

2014/12/10

キャンペーン「DVD無料プレゼント」を追加しました。

2014/09/24

ホームページを公開致しました。