外断熱を採用している会社様へ

■ CW断熱と外断熱の熱抵抗値比較

CW断熱ならコストを削減しながら、外張り断熱の機密性と遮熱の両方が採用いただけます。

実際の熱伝導率は下記の図のように大差がありません。

ウレタン 40mm

反射防水シート0.2mm


EPS
 50mm


フェノルボード 35mm

熱貫流率(λ)0.022
熱貫流率(λ)0.034
熱貫流率(λ)0.020

熱抵抗値(U)0.040/0.022

    =1.82

熱抵抗値(U)0.050/0.034

    =1.47

熱抵抗値(U)0.035/0.020

    =1.75


■ 充填断熱でもU値3.6まで対応可能

CW断熱は、外張りの遮熱シートと現場発泡ウレタンを充填する工法です。


ウレタンは一般的に木造住宅の断熱材として使用される100倍発泡ではなく、より断熱性能の高い30倍発泡ウレタンを使用しています。そのため上図のように薄くても高い熱抵抗値を示します。


上図の例よりもさらに断熱性能が必要な場合は、ウレタンの厚さを2倍(80mm)まで厚くすることができますので、断熱性の(U値)は最大3.6程度まで上げることができます。



■ 外断熱からCW断熱に変えるメリット

    1.遮熱材料の特性を活かした、夏の快適性を体感できます。

    2.充填断熱と同じ外壁の自由度が得られます。サイディングでも、塗り壁でも自由に選べます。

    3.断熱施工は専門業者に任せるので、大工手間の削減に役立ちます。

    4.コストは、外張り断熱に比べて3割以上削減できます。

     (実際は仕様により価格が異なりますので、是非お見積もりしてみてください。)


お知らせ

2015/03/26

「設計施工基準第3条に関る確認について」を追加しました。

2015/03/01

「省エネ住宅ポイント」に関するお知らせを追加しました。

2014/12/10

キャンペーン「DVD無料プレゼント」を追加しました。

2014/09/24

ホームページを公開致しました。