夏涼しく、冬暖かい


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/photon55/www/cweco/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/photon55/www/cweco/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/photon55/www/cweco/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/photon55/www/cweco/wp-includes/media.php on line 1206

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/photon55/www/cweco/wp-includes/media.php on line 1206

■ 快適の秘訣はアルミ熱線反射材と断熱材のダブル構造

快適の秘訣はアルミ熱線反射材と断熱材のダブル構造

■ 熱の伝わり方は3種類

 
・太陽のように直接熱が放射される「輻射」

・太陽のように直接熱が放射される「輻射」

ご存知ですか?熱には「対流」「伝導」「輻射」の3種類の伝わり方があります。

  • 空気の移動によって熱が伝わる「対流」
  • 物体を熱が伝わる「伝導

3種類のうち、
従来の断熱材で遮断できるのは
実は「対流」と「伝導」のみで、
「輻射」による熱は遮断できていません。

熱伝達の割合

しかし太陽が照りつける夏の日中、家屋に及ぼす熱の影響は、輻射熱が全体の75%にも達すると言われています

つまり、従来の断熱材では夏の暑さの25%にしか対応していないのです。

■ 従来の家が夏暑くなってしまう理由

太陽の輻射熱を遮断しない従来の断熱材の家では、太陽熱を多く浴びる夏の日中は、家の中がとても暑くなってしまいます。

従来の家が夏暑くなってしまう理由

エアコンを付けて部屋を冷やしても、
太陽熱(輻射熱)が進入してくるため
部屋はなかなか涼しくならない。
更に、太陽熱によって暖められた部屋の空気は、
断熱材によって家の中に閉じ込められてしまいます。
いわば、ダウンジャケットを着込んでいるようなもの。

従来の家が夏暑くなってしまう理由2

■ CW断熱の家が快適な理由

一方、CW断熱の家では、アルミ熱線反射材が太陽熱(輻射熱)を遮断するため、夏でも家の中に熱を進入させません。
エアコンをかければ、瞬く間に部屋が涼しくなります

CW断熱の家が快適な理由

お知らせ

「設計施工基準第3条に関る確認について」を追加しました。

「省エネ住宅ポイント」に関するお知らせを追加しました。

キャンペーン「DVD無料プレゼント」を追加しました。

ホームページを公開致しました。

ページトップへ